首イボ サリチル酸

首イボができてしまった場合、イボコロリなどを使って治すことができるのでしょうか?

 

イボコロリにはサリチル酸という成分が入っていてお肌への影響が気になります・・・

 

 

首にイボができちゃったので、イボコロリで取ろうと思っているんだけど。


 

 

えー!?イボコロリにサリチル酸が入っているの知っている?絶対使ったらだめよ!


 

今回は首イボにイボコロリなどサリチル酸が入っているものは使ってはダメな理由と首イボに使ってよい成分をご紹介します。

 

 

首イボにサリチル酸が危険な理由

 

首にイボができてしまったら、どうしたらいいでしょうか?

 

まずは気になるのが、昔からある「イボコロリ」という商品が使えないか?と思いますよね。

 

首イボ サリチル酸

 

私も首イボにイボコロリが使えると思っていました。

 

 

しかし!!

 

 

イボコロリの使用上の注意を見てみると・・・

 

次の部位には使用しないでください。

 

@顔面、目の周囲や唇、粘膜など。
A首などの皮膚のやわらかい部分。
B炎症又は傷のある患部。

 

首イボ サリチル酸

 

ということで首への使用はダメってことです。

 

また

 

次の症状には使用しないでください。

 

@水イボ
A老人性イボ(黒褐色の扁平なイボ)
B尖圭コンジローム(肛門周囲や外陰部にできたイボ)
C一列に並んだイボ、群生したイボ、身体に多発したイボ

 

首イボ サリチル酸

 

ということで、

 

私が気にしている首イボはAの老人性イボなのでイボコロリは使えないってことになります。

 

 

それではどうしてイボコロリは首イボなど、年齢を重ねると出来てくるイボには使えないのでしょうか?

 

 

気になったので調べてみることにしました。

 

 

首イボ サリチル酸

イボコロリというのはサリチル酸という成分が入っています。

 

サリチル酸というのは「角質を溶かす」働きがあります。

 

この角質を溶かす働き(角質軟化溶解作用)を利用して、厚く硬くなった皮膚を柔らかくして魚の目、タコ、イボを取り除きます。

 

 

なので足の裏などの皮ふの厚いところに使われる薬のようです。

 

皮膚を溶かして魚の目のしん(角質柱)やイボを取り除くというものです。

 

 

なので、顔や首などの皮膚の薄いところ、皮膚の柔らかいところには使うことができないのです。

 

 

そうなんだ、焦って首イボに使わなくてよかったー


 

 

相談してもらってよかったね。


 

ということで、

 

首イボ サリチル酸

首イボにはイボコロリは使わないようにしましょう。

 

 

首イボにはサリチル酸ではなくヨクイニンと杏エキスが良い

 

首イボにはサリチル酸が入っているイボコロリがNGということは分かりましたね。

 

 

じゃあ、どういう成分が首イボにいいわけ?


 

 

それはヨクイニンとあんずエキスよ


 

 

ヨクイニン?


 

 

ハトムギの外殻を取り除いた種子のことをヨクイニンと言うの。


 

ということで、首イボにはサリチル酸ではなくてヨクイニンや杏エキスがよいということを解説します。

 

 

ヨクイニン(ハトムギエキスとは?

 

ヨクイニンとはイネ科のハトムギの硬い殻を取り除いた子実のことを言います。

 

昔から生薬として飲まれたきたものです。

 

効果効能としては、肌荒れ、イボ取りに効くと言われてきました。

 

そんなヨクイニンですので首イボ効果が高いと言われています。

 

首イボ サリチル酸

 

 

杏(あんず)エキス

 

バラ科の杏子の実には大きな種があります。

 

種を圧搾して作ったのが杏の種子のエキスです。

 

英語ではアプリコットカーネルオイルと言われています。

 

アプリコットカーネルオイルは皮ふを若々しく保つためのパルミトレイン酸が多く含まれているということで、首イボによいと言われています。

 

首イボ サリチル酸

 

首イボ サリチル酸

今はイボ専用の化粧品も出ていて、ヨクイニンと杏エキスのどちらか、または両方が入っているものが売られています。

 

またヨクイニンは飲むことができるので、ヨクイニンを飲むことで肌荒れを防ぎ、イボ取り効果が期待できます。

 

 

首イボにはサリチル酸ではなくヨクイニンのサプリメントがおすすめ!

 

 

じゃあ、イボコロリを塗るのではなくてイボ専用の化粧品やヨクイニンの内服がおすすめってこと?


 

 

そういうことになるわね。


 

 

おすすめはあるの?


 

 

私のおすすめとしてはヨクイニンのサプリメントかしら?


 

ヨクイニン(ハトムギエキス)の内服薬・サプリメントは多く出回ってきます。

 

先ほどのイボコロリで有名な横山製薬も、イボコロリの塗るタイプ、絆創膏タイプのほかに、飲むタイプのイボコロリ内服錠というものを出しています。

 

首イボ サリチル酸

 

これにはサリチル酸という成分は入っていなく、ヨクイニンエキスが入っています。

 

おすすめとしては、首や顔、背中などの皮ふの柔らかい部分のイボが気になる方が飲むとよいということなので、首イボに悩む方におすすめです。

 

首イボ サリチル酸

 

 

ただ私のおすすめイボコロリ内服錠ではなくて、ハトムギの栄養をすべて飲むことができるハトムギCRDエキス+舞茸エキスというものです。

 

首イボ サリチル酸

 

 

ハトムギの栄養をすべて飲むってどういうこと?


 

先ほど、ハトムギには硬い外殻があるという話をさせていただきました。

 

ヨクイニンは硬い外殻を取り除いた種子の部分を使うということでしたので、外殻は捨ててしまってしたんです。

 

でも最近の研究では外殻や渋皮の部分には栄養素が多く含まれていることがわかり、ハトムギの外殻を含めて栄養を取れないかと考えられるようになりました。

 

それが、ハトムギの種子すべての栄養が入っているエキスが、ハトムギCRDエキスというものなんです。

 

 

首イボ サリチル酸

 

ハトムギCRDエキスは通常のヨクイニン(ハトムギエキス)より栄養素が高いので、少ない量でも首イボに効果が高いと考えられています。

 

首イボ サリチル酸

 

また一緒に入っている舞茸も肌によい成分が多く含まれていると、最近注目されている食材なんです。

 

 

実際に飲んでみてどうだった?


 

 

飲みやすいし、肌トラブルもなくなったし、首イボも良くなってきたよ


 

 

いいなあ、私もハトムギCRDエキス+舞茸エキスを試そうかな?


 

 

おすすめするよ!


 

私がハトムギCRDエキス+舞茸エキスを飲んだ感想レビューはこちら!

 

 

 

ハトムギCRDエキス+舞茸エキスは初回限定、半額のキャンペーンをしているので、気になる方はこちらの公式サイトをチェックしてみてくださいね。

 

↓  ↓  ↓

 

ハトムギCRDエキス+舞茸エキスの公式サイト